アコムの審査に落ちない為の5つの注意点

アコムに限った話ではないですが、キャッシングの申し込みって少し緊張しますよね。どうしてもお金が借りたい。でも審査に落ちたらどうしよう。ちゃんと返せるかな、とか。特に審査に落ちたくないという気持ちから、思わずやってしまう嘘や間違いなどをまとめてみたので参考にしてください。


ここに気をつけよう!5つの注意点

勤務先の嘘

アコムは無職の人にはお金を貸してくれません。会社を退職したのに、まだ勤めていると嘘をついて申し込んでも勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、そんな嘘はすぐに分かってしまいます。無職ではお金は借りれませんが、嘘をついてまで申し込むとアコムのブラックリストに入ってしまうこともあるので注意しましょう。

それと、転職する予定があるなら転職前に申し込んだ方がいいです。なぜなら審査では勤続年数が重要だからです。転職すると勤続年数が0年になるので審査は厳しいでしょう。

他社利用件数の嘘

他社の借入の件数や金額は審査に影響します。しかし嘘を付いても個人信用情報を調べればすぐにバレます。個人信用情報は他社の状況もほとんど全部分かってしまいます。ただ、住宅ローンやクレジットカードのキャッシングは他社借り入れには入らないので入れなくても大丈夫です。

また、借り入れ件数が多いと審査に影響するので返せるものは返済をしてから申し込んだ方がいいと思います。

年収の嘘

年収は審査への影響は小さいようなので正直に申告しましょう。年収の大小より収入が安定しているかの方が重要視されます。

それに、勤務先の規模、役職、勤続年数などでおおよその年収は分かりますから、それとあまりにかけ離れていると怪しいと思われます。収入証明書を求められるとすぐに分かってしまいますし、嘘を付いたと思われれば通る審査も通らなくなることもあるので注意しましょう。

住所等の間違い

嘘とは限りませんが、郵便番号、番地などの住所の間違いや本人確認資料との住所が違うことがよくあるそうです。特に運転免許の住所変更をしていない人や引っ越して間もない場合などは注意です。間違いがあるとせっかくのスピード審査も再確認で時間がとられます。

それに、単純に間違いであっても、その間違いがあまりに多いとその人の人間性というか属性というものが低く評価されて審査にも影響するかもしれないので注意した方がいいですね。

必要以上のお金を希望する

限度額は大きい方がいいといって最初から希望金額を大きくするのはやめましょう。50万円以上だと収入証明書を求められるので手間がかかります。それに、きちんと返済する実績を積めば、信用が増して増額してくれたりしますよ。

ただ、希望額が高いから問いって審査に落とされる原因にはならないので安心しましょう。アコムでは希望金額は無理な場合でも「○○万円ではいかがですか?」といった感じで限度額を下げて提案をしてくれます。


ここで書いた5か条は基本中の基本です。冷静に考えれば当然のことばかりですがお金が無いときってだいたいみんな慌ててるものです。だからこそ一度深呼吸でもして落ち着いてから申し込みましょう。それと、アコムには本申込みの前にチェックできる「3秒診断」というものがあります。名前を入力しなくてもいいので、まずは気軽に「3秒診断」をしてみて借りられそうなら本申込みに進むといいと思います。

名前を入力しなくていいから安心!

アコムの3秒診断は個人情報の入力がないので安心です。入力項目はたったの3項目。この3秒診断で借り入れ可能と出たからといって必ず借りれる訳ではありませんが参考にはなるはずです。

3秒診断やってみる




アコムの審査は早い

アコムの審査スピードは最短で30分。必要事項を入力して送信すると、審査結果がメールでレスポンスされるまでの時間が30分です。その30分の間に個人信用情報機関で金融事故(長期間の延滞、支払不可など)を起こしていないこと、他社での債務の額などを確認されています。

審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等※)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合、最短1時間での融資が可能です。振り込みでの融資を受けた場合、ローンカードは後日郵送となります。カードが届いた後はコンビニからほぼ24時間(20分ほど使えない時間帯あり)借入と返済ができるようになります。※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。



アコムのここが凄い!

審査スピードで他社を圧倒

消費者金融系で最大規模、しかも日本最大の金融グループである三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは、そのアドバンテージである資金力、そして蓄積してきたノウハウを審査スピードに生かしています。

ホームページに設置された「3秒診断」コーナーでは、個人属性を入力してデータを送信すると、わずか3秒で事前チェック完了。あくまでも事前診断の段階ですから確定ではないのですが、利用できるのかできないのかの目安が即座にわかるのは、利用者側の立場から非常にありがたいもの。例え利用できないことがあっても、いたずらに時間がかかり、次の一手を打つのが後手後手に回ってしまうことが回避できるからです。即キャッシング利用に迫られている人なら、まずはアコムで「3秒診断」を。キャッシングを利用している人にとっては、それがマニュアルの第一段階になっているようでもあります。


国際決済可能のMASTERブランド付きカードも即日発行

アコムの即日特典は、申込み当日にカード発行、キャッシングサービスが受けられるだけではありません。国内外のショッピングや飲食店での決済にも使えるMASTERカードブランド付きのカードも、即日発行が可能なのです。
キャッシングに抵抗がある人であっても、クレジットカードを利用したくなるときはあるでしょう。また、インターネットショッピングなどでクレジットカードが必須の場合もあります。もし、クレジットカードを所有していなくて、すぐにでも発行しなければならなかったときは、アコムのMASTERブランド付きカードを申し込めばいいのです。

気になる手数料は、毎月20日までの利用金額を翌月6日までにATMなどを通じて支払っておけば一切かかりません。
アコムのMASTERブランド付きカードは即日発行のクレジットカードとしても使えるのです。

MASTERカード付きはこちら



自動契約機数は業界最多数設置

アコム自動契約機(むじんくん)

アコムのATMの数は業界最大規模!22時まで利用可能の自動契約機(自動契約機の横にATMが設置されている)の他に24時間稼働のATMもたくさんあります。

その他セブンイレブンをはじめとするコンビニATMや三菱UFJ銀行などの銀行ATMとの提携も含めるとほぼ日本全国くまなくカバーしているといえます(2015年12月24日現在)。

いつでも、どこでも利用できる。それがアコムが支持されている理由でもあるのですね。


算出しやすい毎回の最低返済額

消費者金融系のキャッシングでわかりにくいことは、毎回の返済金額が変わってくること。残高スライドリボルビング方式という返済方法を取り入れているキャッシング業者が多く、最低返済金額が残債によってスライド式に変動してくるためです。もし、自分で最低返済金額を算出しようとすると面倒な計算式を使って、残債から計算していかなければなりません。

それに対して、アコムだけは明快です。返済方法が定率リボルビング方式という、残債に一定の数値をかければ算出できるものだからです。具体的に触れますと、30万円以上の利用がある場合、残債に3.0%をかけて、千円未満の数値を切り上げるだけ。30万円未満の場合は、同様に4.2%をかけて千円未満を切り上げるのです。45万円の利用額があれば最低返済金額は1万4000円。25万円であれば1万1000円となります。この金額を返済日までに返済すればいいのです。


同業の中で元本の減り方が一番早い傾向有り

アコムは返済についても最も利用者の向きの返済方法を取り入れています。上記の最低返済金額で算出される金額が、無理のない範囲で他社よりも高めに算出されることです。

「え、返済金額が多いのに、利用者向き?」

そのような疑問を持つ人も多いかもしれませんが、返済金額が多くなったとしても50万円の利用の場合でも2000円~4000円の範囲。決して、過大な負担を利用者に強いるものではありません。しかし、他社よりもやや多めに返済額が設定されていることで、元本返済充当分が増えていきます。元本が減るのだから、返済期間が短くなって、最終的に利払いも少なくなるのです。

同じ18%の年利を採用している同業他社と比較すると、最終的な返済額ではアコムの方が10万円も安くなることがあります。あまり注目されないことですが、最低返済金額通り返済していると返済金額が少なくメリットがアコムにあるのだと覚えておくのがいいのではないでしょうか。


アコムの公式サイトはこちら


他社との比較

審査時間と融資までの時間

アコムの審査時間は最短30分。融資は最短即日です。お金に困っている時、即日融資ができるのは助かりますね。

ただ、他社と比較すると特段早いというわけではありません。特に消費者金融のプロミス、アイフル、モビット、ノーローンは、多少の違いはありますが、どのサービスも融資実行まで最短即日で可能です。

このように、消費者金融では即日審査、即日融資は当たり前になっていますが、1つ条件があります。それは審査と契約が終わる時間です。即日の振り込み融資を利用する場合、銀行はだいたい午後3時を超えると翌営業日の振り込みになってしまいます。なので、よくあるケースは14:30頃までに審査と契約が完了することが条件になっていることが多いです(ノーローンは12:30迄)。

そんな中、アコムでは楽天銀行への振り込みなら24時間(土日祝日も)最短1分で振り込みできるという特徴があります。更に、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座でも、はじめて借入される方に限り平日の18:00までなら当日振り込みが可能です(※土日祝日は対象外)。

ノーローンでも、楽天銀行であれば平日17:30迄の審査結果でも振り込み可能ですが、アコムは土日祝日も含めて24時間可能なのでアコムの方がだんぜん有利ですね(ノーローンはカードが届いてからなら24時間楽天銀行への振り込みが可能)。また、プロミスには「瞬フリ」というサービスがありますが、カードが届いてから申し込みができるのではじめての借り入れの時は利用できません。※瞬フリ・・・三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座への振り込みが24時間最短10秒で可能になるもの、利用には審査あり。

ちなみに銀行系はというと、即日審査、即日融資が可能なサービスはありますが、即日融資については口座を既に持っている等の条件が付くところが多いです。即日融資は銀行より消費者金融の方が得意なようですね。ただ、銀行の中でも新生銀行レイクは消費者金融並みの即日融資が可能です。

カードローン各社の即日審査、即日融資の状況

サービス 審査時間 融資までの時間 即日融資の条件
アコム 最短30分 最短即日 平日14:30迄にWEBから振り込み融資の手続きを行うこと(ゆうちょ銀行は14:00迄)。ただし、楽天銀行への振り込みなら24時間(土日祝日も)最短1分で振り込み可能。三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行への振り込みは、はじめて借入される方に限り平日の18:00まで当日振り込みが可能。
プロミス 最短30分 最短即日 平日14:30迄に審査と契約が完了していること
アイフル 最短30分 最短即日 時間によっては即日融資ができません
モビット 最短10秒(簡易審査) 最短即日 平日14:50迄に振込手続完了が必要
ノーローン 最短即日 最短即日 平日12:30迄に審査結果が出たとき(楽天銀行の場合平日17:30迄の審査結果でも振り込み可能)

銀行系カードローンの即日審査、即日融資の状況

サービス 審査時間 融資までの時間 即日融資の条件
オリックス銀行カードローン 最短即日 ローンカードが届いてから即日 -
三井住友銀行カードローン 最短30分 最短即日 カードの受取をローン契約機で行った場合
三菱UFJ銀行カードローン 最短30分 最短即日 カードの受取をテレビ窓口を利用した場合
楽天銀行スーパーローン 最短即日 最短即日 (詳細不明)
みずほ銀行カードローン 最短即日 最短即日 既に口座を持っている場合
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 最短60分
(既に口座を持っている場合)
最短60分 既に口座を持っている場合
新生銀行カードローン レイク 最短即日 最短即日 平日14時迄に審査と必要書類の確認が必要
イオン銀行カードローンBIG 最短即日
(既に口座を持っている場合)
最短即日 既に口座を持っている場合
セブン銀行カードローン 最短10分 最短即日 既に口座を持っている場合。口座の新規開設には1〜2週間かかる

収入証明書は限度額いくらまで不要か

アコムでは、以下に該当する方は収入証明書(給与明細書や源泉徴収票など)の提出が必要になります。

・アコムの利用で限度額50万円を超える契約
・他社を含めたお借入総額が100万円を超える

また、この基準は、貸金業法で決められているため消費者金融各社(アコム、プロミス、モビット、アイフル、ノーローン等)ではみな同じです。

その点、銀行は独自で基準を決められるので銀行によって収入証明書が必要になる基準が違ってきます。最近は銀行間の競争が激しく、限度額300万円までは所得証明が不要というサービスも増えてきています。

銀行カードローン各社の収入証明書不要の規定

サービス 収入証明書不要の条件
オリックス銀行カードローン 300万円以下
三井住友銀行カードローン 300万円以下
じぶん銀行カードローン 300万円以下
楽天銀行スーパーローン 300万円以下
みずほ銀行カードローン 200万円以下
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 200万円以下
住信SBIネット銀行フリーローン 200万円以下
新生銀行カードローン レイク 100万円以下
三菱UFJ銀行カードローン 100万円以下
イオン銀行カードローンBIG 100万円以下
セブン銀行カードローン 50万円以下

融資限度額は最高800万円

アコムの融資限度額は最高800万円。これはもう銀行並みの限度額です。2016年8月現在、他社の主な消費者金融の限度額は500万円で横並びですが、アコムの限度額は800万円と他社より高くなっています。

ほとんどの人は800万円も必要ないと思いますが、今後どんなことがおこるか分からないと思うと限度額は少しでも高い方がいいですよね。

また、アコムで限度額800万円を希望したからといって、最初からそんな高い限度額を設定されることはありません。はじめは50万円~100万円以下スタートの場合がほとんどです。限度額を上げたいときは、しばらく利用してきちんと遅れずに返済する実績を作る必要があります。

そんな大金を借りる必要ないよという人でも、限度額は高い方が有利です。なぜなら金利は実際に借りる金額ではなく、設定された最大限度額に応じて決まるからです。例えば、借りる金額が同じ10万円でも限度額800万円の人は金利3.0%ですが、限度額50万円の人は金利18%が適用になります。当然金利が高い方が支払う返済額も増える訳ですから限度額は高い方が金利も低くお得です。

消費者金融の融資限度額の比較

サービス 融資限度額
アコム 最高800万円
プロミス 最高500万円
モビット 最高500万円
アイフル 最高500万円
ノーローン 最高500万円

銀行カードローンの融資限度額

みずほ銀行カードローン 最高1000万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 最大1000万円
オリックス銀行カードローン 最高800万円
三井住友銀行カードローン 最高800万円
イオン銀行カードローンBIG 最高800万円
三菱UFJ銀行カードローン 最高500万円
楽天銀行スーパーローン 最高500万円
新生銀行カードローン レイク 最高500万円
セブン銀行カードローン 最高50万円

金利の比較

アコムの金利は、3.0% ~ 18.0% で消費者金融としては普通です。というより、消費者金融の金利はどの会社も大体同じで特に金利が大幅に低い会社はありません。

また、金利は融資限度額によって変わってくるので、50万円以下の低い限度額で、しかも契約当初は最高の18.0%が設定されると思います。

借りたお金をきちんと遅れずに返済していれば、将来的に融資枠も大きくなり金利の設定も低くなります。ですから、複数の会社に少しずつ借りるよりは1社の限度額を大きくしてもらって金利を下げた方が返済負担は低くなります。

ちなみに、消費者金融より銀行カードローンの方が全般的に金利は低いです。50万円以下で特に急いでいないのであれば、まずは銀行カードローンに申し込んでみるというのもいいと思います。銀行カードローンは即日融資は苦手なので今すぐお金が必要という人には向きませんが。


消費者金融の金利

サービス 金利
アコム 3.0% ~ 18.0%
プロミス 4.5% ~ 17.8%
アイフル 4.5% ~ 18.0%
モビット 3.0% ~ 18.0%
ノーローン 4.9% ~ 18.0%


銀行カードローンの金利

サービス 金利
オリックス銀行カードローン 3.0% ~ 17.8%
三井住友銀行カードローン 4.0% ~ 14.5%
じぶん銀行カードローン 1.9% ~ 12.5%
楽天銀行スーパーローン 4.9% ~ 14.5%
みずほ銀行カードローン 3.0% ~ 7.0%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.9% ~ 18.0%
新生銀行カードローン レイク 4.5% ~ 18.0%
三菱UFJ銀行カードローン 4.6% ~ 14.6%
イオン銀行カードローンBIG 3.8% ~ 13.8%
セブン銀行カードローン 15.0%

ATM手数料について

ATM手数料なんて、たったの100円~200円くらいなものだろうと思うかもしれませんが、借りるときだけでなく返済するときも手数料はかかるので、ちりも積もれば山となるで知らないうちに意外と負担になってきます。

アコムは自動契約機である「むじんくん」を利用すれば手数料が無料で借り入れも返済もできますが、自動契約機(むじんくん)はどこにでもあるわけではないのでコンビニや銀行の提携ATMを利用する機会が増えます。

しかし、提携ATMを利用する場合、手数料がかかります。1万円迄は108円、1万円超は216円が手数料としてかかります。これは借入でも返済でも同様です。

ATM 手数料 詳細
自動契約機(むじんくん) 無料 全国1,000台程度
提携ATM 1万円迄 108円
1万円超 216円
三菱UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-net、ゼロバンク等

自動契約機(むじんくん)を利用する以外の手数料を無料にする方法
アコムで借入、返済の手数料を無料にするには自動契約機(むじんくん)を利用する以外の方法もあります。

借入は、アコムの会員サイトにログインして振込による借入を申し込むと手数料が無料になります。更に楽天銀行への振込みなら24時間最短1分で振込みが可能です。

返済は、三菱UFJ銀行の口座からの口座振替なら手数料が無料になります。口座振替なら返済日を忘れる心配がありませんね。


消費者金融はどこも提携ATM手数料が有料
アコム以外でも、プロミスやモビット、アイフル等は自社の自動契約機以外の提携ATMの手数料はどこも有料です。そんな中、唯一プロミスは三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できます。


提携ATMの手数料は銀行カードローンが有利
銀行カードローンは、消費者金融とは違って提携ATMの手数料が無料のところが多いです。

カードローン各社のATM手数料の比較

サービス ATM手数料
オリックス銀行カードローン 無料: 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イオン銀行、西日本シティ銀行、Enet で全国89,000台以上 (2014年5月末現在)
三井住友銀行カードローン 無料: @BANK、ローソンATM、セブン銀行、E-net、ゆうちょ銀行
有料: BANCS(みずほコーポレート銀行を除く都市銀行)
みずほ銀行カードローン 108円〜216円
三菱UFJ銀行カードローン 無料: 三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行、ローソンATM、E-net
楽天銀行スーパーローン 無料: 三井住友銀行、セブン銀行、イオン銀行、ローソンATM、E-net
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 有料
新生銀行カードローン レイク レイクATM、新生銀行ATM、セブン銀行、ローソンATM、E-net
イオン銀行カードローンBIG 無料: イオン銀行ATM 有料: ゆうちょ銀行、三菱UFJ、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、E-net
セブン銀行カードローン 無料: セブン銀行ATM (セブン銀行以外の提携ATMなし)
プロミス 無料: プロミスATM、三井住友銀行、@BANK
有料: セブン銀行、ローソンATM、E-net(108円〜216円)
アコム 無料: アコム自動契約機(むじんくん)
有料: 三菱UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-net、ゼロバンク等
アイフル 無料: アイフルATM、Famiポート(返済のみ)、ローソンLoppi(返済のみ)
有料: 三菱UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-net
モビット 無料: モビットATM、Famiポート(返済のみ)、ローソンLoppi(返済のみ)
有料: 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、セゾンカード、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、ローソンATM、E-net(108円〜216円)
ノーローン 無料: レイクATM
有料: 新生銀行ATM、セブン銀行、イオン銀行、E-net、ローソンATM(108円〜216円)

融資金額は最低1,000円から

カードローンを上手に活用するコツは借りすぎない事。1万円単位で借りると本当に必要な金額以上にお金を借りてしまい、不要なお金が手元に残ることがあります。お金は持っていると無駄使いしてしまいがち。余計なお金が出ないようアコムでは1000円単位で借りれます。

ただ、ATMによっては10,000円単位でしか借りられないこともあるので注意しましょう。アコムのATMならもちろん1,000円単位で借りれますが、提携ATMだと10,000円単位になることもあります。ATMによってまちまちなのでよく確認してからかりましょう。

ちなみにセブンイレブンのATMなら1,000円単位で借りられます。

手数料に注意

1,000円単位で借りられるからといって提携ATMでは手数料も気にしなければなりません。

手数料は10,000円以下は108円、10,000円超は216円の手数料がかかります。例えば、1,000円借りても10,000円借りても手数料は同じです。11,000円借りると216円になってしまいます。

つまり、同じ手数料がかかるならなるべく先々まで必要な金額をまとめて借りた方がお得ということになります。

しかし、当面必要のないお金まで借りてしまうと他の事に無駄遣いする危険もありますし、金利もその分かかるので悩ましいところです。

だから、なるべく手数料のかからないアコムのATMや振込みによる借り入れを利用した方が賢い利用法といえます。

消費者金融の最低融資額の比較

サービス 最低融資額
アコム 1,000円
プロミス 1,000円
モビット 1,000円
ノーローン 1,000円

銀行カードローンの最低融資額の比較

サービス 最低融資額
オリックス銀行カードローン 1,000円
三菱UFJ銀行カードローン 1,000円
三井住友銀行カードローン 10,000円
みずほ銀行カードローン 10,000円
楽天銀行スーパーローン 1,000円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 10,000円
新生銀行カードローン レイク 1,000円
イオン銀行カードローンBIG 10,000円
セブン銀行カードローン 1,000円

カードローン体験談

05/25 消費者金融のキャッシングと金利の問題について
誰しも、金利の高いキャッシングを利用したくはありません。しかし、消費者金融は比較的金利が高めに設定されていることも多々あるため、そうしたキャッシングを選ぶ場合には注意が必要です。では、なぜ消費者金融のキャッシングの金利が高めに設定されているのでしょうか。 それは、そのほかのサービスに力を入れているためです。たとえば、銀行系カードローンに比べて消費者金融の審査は通りやすい、という話を聞いたことはないでしょうか。これはあながち間違いではありません。審査が簡単になるわけではありませんが、なるべく広...続きを読む
05/04 在籍確認でありがちな不安と解消法
どのキャッシング審査にも欠かせない在籍確認ですが、これを避けて通ることはできません。お金の貸し借りをする以上、何らかの綻びがあってはいけないのです。しかし、そうはいっても不安を感じる方もいるでしょう。そこで、在籍確認の流れについて確認してみましょう。 キャッシングにおける在籍確認ですが、基本的に自分以外が出た時に社名を名乗ることはありません。そのため、在籍確認の段階で自分のキャッシングへの申込みがバレることはないでしょう。自分が電話に出た場合にはきちんとキャッシングの在籍確認の旨を伝えるため、それ以上追...続きを読む
04/02 キャッシングと情報の共有について
キャッシングは会社ごとにそれぞれ全て独立している、と考えてはいないでしょうか。もちろん会社としては別々ですが、一部情報を共有しているため、その情報が元になって審査に影響する可能性は大いにあり得ます。 では、どのような情報が共有されているのでしょうか。例えば、信用情報がこれに該当します。信用情報とは、その人が過去どのような借り入れをしてきたのか、またきちんと返済をしてきたのかを確認するものです。当然そこで何らかのトラブルを起こしていれば印象はマイナスに傾きますし、それが原因で審査に落ちてしまう方は大勢いま...続きを読む
03/09 計画的なキャッシングは身を助ける
いつでもどんな時でも借入できることが、キャッシング最大のメリットの一つです。このメリットに助けられている方も多いでしょう。しかし、そんなキャッシングでも計画的に行うに越したことはありません。お金のやり取りをしていることを忘れてはならないのです。 計画的というからには当然、借入する前から入念に計画を立てておかなくてはなりません。最も重要なのは、月々の返済額と返済日でしょう。早く返済してしまいたい、金利に縛られたくないからと慌てて返済をしても、どこかで無理がたたってしまい生活を壊してしまいます。あくまでも無...続きを読む
01/27 審査の緩いキャッシングはどういうものか
インターネットでキャッシング関連のことを検索すると必ず目につくのが、審査が甘いとか審査が緩いとかいう言葉です。 まるで、誰でも簡単に審査が通るキャッシング業者があるように記述してあることも少なくありませんが、審査が緩いと言われている業者でも審査がないことはありませんし、その業者の審査基準が他と比べて低く設定されているというだけです。 例えば、いくら審査が緩いと言われている業者であっても貸金業法に定められている総量規制の金額を超えて貸付を行うことはできません。仮に総量規制を超えて貸付を行うとすれば...続きを読む

アコムの公式サイトはこちら

ページの先頭へ